青磁の名品の釉薬を思わせる深みのある超光沢が、今まで感じたことのない不思議な落ち着きを与えてくれる。美しく、あくまでも硬く、ステータスの守護神として生まれたそれが「ハイモースコート」。
入念なベースメイキングから生み出される 超平滑面に緻密な「プライマー膜」を施し、定められた経時の後、その上に「超撥水トップコート」を重ね塗る。強力な架橋作用による“未体験のバリア性能”を持つ「ハイモースコートの誕生」です。
耐擦りキズ性能

モース硬度 7レベル を実現し、長時間耐擦りキズ被膜が持続します。
※モース硬度…鉱物学者フリードリッヒ・モースが考案した鉱物に対する硬さの尺度。硬さの尺度は1〜10段階に分けられている

耐擦りキズ性能
耐スクラッチ性テスト
※洗浄試験にマイクロファイバークロスを取付け、500回研磨
■テスト後の表面状態(×400倍)
擦りキズは非常に少なく耐スクラッチ性が高い
このページの先頭へ
耐汚染性能

長期間汚れを寄せ付けない耐防汚性能。普段のお手入れは水洗いのみでOK。汚れが簡単に除去できます。

マジック汚染
マジック汚染
※右半分にコーティング処理し、油性マジックで落書き。その後アルコールで汚れを除去。
油汚れの付着が少なく固着しにくく簡単に除去が可能
カーボン汚染
カーボン汚染
※右半分にコーティング処理し、試験用ダストを付着。その後水洗いを数回繰り返した。
ダストの付着残りが少なく簡単に除去が可能
このページの先頭へ
撥水性能

驚異の撥水性能を発揮し、長期間性能が持続します。また、高い撥油性能も発揮し油汚れも寄せ付けません。

撥水性能
撥水性・撥油性
フッ素系ポリマーを採用しているガラ ス系コートに比べ、ハイモースコート は超撥水トップコートが純度の高いフ ッ素成分が緻密で平滑な被膜を形成し、 従来品とは比較にならない撥水・撥油 性能を実現しています。水系・油系両 面の汚れを寄せ付けず、長期間にわた って美しいボディを維持します。
このページの先頭へ
超光沢・艶性能

鏡面のような深い艶と釉薬を思わせる深みのある超光沢が持続。愛車にさらなる輝きを与えます。

このページの先頭へ
carfilm

カーフィルムは、色だけでは決められない。プレミアムカーには、それにふさわしいパフォーマンスが必要です。ナチュラルな美しさ、心地よさ、 そして科学的根拠に裏づけられた機能性。リンテックは、世界の市場で培ったノウハウと最先端技術を駆使して、品位と機能を兼ね備えたプ レミアムブランドを完成させました。ドライバーや同乗者を新たな世界へいざなうハイパフォーマンスをぜひ体感ください。

このページの先頭へ
多様なデータに裏づけされた高断熱性能

新たに開発したIR(Infrared Radiation:赤外線)カット処方により、熱エネルギーの高い赤外線域を90%以上カット
フィルムの透明性を維持しつつ、従来にない高い断熱性を実現しています。もちろんUV(紫外線)も99%以上カットします。

車内の温度上昇
車内の温度上昇

最高気温が高くない環境下でも、暑さがピークの時間帯では、フィルム無しの場合と比べ、約10度の温度差が発生。

光学チャート
光学チャート

3mmフロートガラスにフィルムを貼った時の実測値。

このページの先頭へ
特徴
■卓越した断熱効果

カーフィルムメーカーとして永年にわたって培った技術を最大限に生かし、製品設計を根本から見直すことで、 従来にない高い断熱性を実現しました。

■UVカット効果

人体にも有害なUV(紫外線)を99%以上カット。肌の日焼け対策はもとより、車内備品の退色防止などにも効果を発揮します。

■高品位なファッション性

高級感のある色合いやメタリック感を実現した、上品でファッショナブルな4アイテムをラインアップ。自動車の品位を高めます。

■車内からの視認性

車外からの視線をカットし、プライバシー保護効果を発揮すると同時に、車内からの視認性は十分に確保します。

■耐摩耗性

フィルム表面に耐摩耗性の高いハードコート処理を施し、傷がつきにくくなっています。

■施工適性

施工効率と仕上がりの良さを両立した製品設計となっています。

このページの先頭へ
光化学性能
  カラーの目安 可視光線
紫外線
透過率※
(%)
日射
遮へい係数
熱貫
流率

w/m2k
赤外線 日射熱
除去率
反射率
透過率
反射率
吸収率
透過率
反射率
透過率
HCN-70 7 74 <1 6 55 39 0.66 5.9 5 7 42
HCN-60G 7 68 <1 6 57 37 0.64 5.9 5 8 44
HCD-30G 5 34 <1 5 73 22 0.53 5.9 5 8 53
HCD-20G 5 23 <1 5 78 17 0.49 5.9 5 8 57
HCD-10G 5 10 <1 5 86 9 0.43 5.9 5 5 62
※「自動車窓ガラス用フィルム JIS S 3107」に準拠
遮へい係数とは、太陽光線の室内への流入熱量を表す相対値で、3mmフロートガラスを1.00とし、ガラスに各フィルムを貼ったときの数値です。
熱貫流率とは、3mmフロートガラス(フィルム貼付時)の両側の空気温度差1℃のとき、1m2当たり1時間に伝わる熱量を示した数値です。
日射熱除去率とは、窓ガラスに当たる太陽熱エネルギーの量を100%とした場合、室内に流入しないエネルギーの比率です。
データの数値については実測値であり、保証値ではありません。
このページの先頭へ
Copyright (C) 2007 THERMOLUX All rights reserved.